<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『学ぶ心に火をともす8つの教え 東大合格者数公立NO.1‼日比谷高校メソッド』
名門・都立日比谷高校の校長先生(2017年現在)が書かれた本。

■子どもを伸ばすうえで、もっとも大事な条件とは・・・
①人間力を高める(文武両道)
②仲間とともにがんばる(部活や行事への取り組み)
③知的好奇心を育てる(学ぶ心に火をともす授業)
④見過ごさない・見落とさない(課題提出等を徹底し、遅れている子にも気を配る)
⑤寄り添う(自主性に任せるところは任せ、伴走しながら、最後は手を離す)
⑥把握する(データベース、その生徒の全体像を把握する)
⑦モチベーションを与える(世界を見せて刺激を与える)
⑧見守る

■子どもが勉強しないとき・・・
叱りたくなったら、とりあえず一瞬ぐっとこらえてみる。

■親が絶対にやってはいけない7つのこと
①他人や兄弟姉妹と比較する
②持ちものやカバンの中身を無断で確認する
③自分の価値観を押しつける
④悲観的なことを言う
⑤模試の成績ですべてを判断してしまう
⑥受験会場へついていく
⑦食事を作らない


[PR]
一度訪れてみたいと思っていた栃木県・湯西川温泉のかまくら祭。
クラブツーリズムのバスツアーを利用しました。

10:45 さいたま新都心発

①益子いちご団地にて、とちおとめイチゴ狩り食べ放題(30分)
とっても甘い!大きい苺もたくさんありました。

②道の駅きつれがわ地場産小麦使用あったか「氏家うどん」の昼食
「氏家うどん」は喜連川のあるさくら市の名産。
白い麺ではなく、全粒粉を使った麺。大根、人参、白菜、里芋、豆腐…と具沢山。昼食の後は、足湯やショッピング。デザートに買った「とちおとめまん」は見た目もかわいくて美味♡
ジェラート屋さんでは冬限定「りんごミルク」のジェラートも。

③味がえらべる!名物「温泉パン」のおやつ付き
おやつの温泉パンは、味が3種類(元祖、メープルキャラメル、くるみ)から選ぶ。
道の駅ではいろんな味が売られていて、お土産にぴったり♪

④湯西川温泉かまくら祭
今年25年目を迎える湯西川温泉の冬の風物詩。
鬼怒川温泉辺りにはほとんど雪は無かったけれど、さらに奥、湯西川温泉まで来たら雪が多い!
けれど思ったほど寒さは平気でした。
灯がともされた小さなかまくらが数十個並ぶ光景は幻想的。
人が入れる大きなかまくらでは鍋を食べている人も。
かまくらの中で食べたり飲んだり、ちょっと憧れ…。

今回のバスツアーは詰め込みツアーでは無かったので、それぞれの場所でゆっくり滞在できました。
自力では行けない湯西川温泉まで足を運ぶことができ、お天気にも恵まれ良かったです♪

10:30ごろ大宮駅着(予定より結構遅く)
[PR]
銀色夏生さんの旅エッセイ。
銀色さんのエッセイは数多く読んでいるけれど、
文庫本ではなく、単行本での出版というのは…はじめてかもしれない。新鮮!

①ベトナム「世界遺産の街ホイアンに4連泊」
私も訪れたフエやホイアン、懐かしく思い返しました。
十数年前と変わっていない景色も。

②ニュージーランド「先住民のワイタハ族と火と水のセレモニーを体験するツアー」現地集合8泊9日
スピリチュアルな内容で、あまり興味・共感持てず。
ニュージーランドはちょっと行ってみたいけれど…。

③スリランカ「仏教美術をめぐる旅」
5つの旅の中で個人的に最も興味を持った旅でした。

スリランカ(P135より)↓ 
私の求める旅とは……、おだやかな空気と景色。有名な観光地ではなく、人の少ない、居心地のいいホテルと季節。
でもそこにひとりでは行きたくない。楽しいおしゃべりとおいしい食事を楽しめる誰かと行きたい。
すると、旅に必要なものでいちばん調達するのが困難なのは「旅仲間」なのかもしれない。

共感!!求む旅仲間…。長く一緒に過ごしても気疲れしない良き旅友がいたらいいなぁ。

それから、気になったホテル→ジェットウイング・ライトハウス、ヘリタンス・カンダラマ。
どんなホテルか見てみたい。調べてみよう…。 
どちらも天才建築家ジェフリー・バワによる、自然と建築の融合が素晴らしいホテルらしい。

スリランカのカレーやジュースが美味しかった様子。
パイナップルジュースやスイカジュース、飲んでみたい♡

銀色さん、スリランカの旅を振り返って…(P151より)↓
スリランカはとてもいい国だった。人がやさしくて敬虔な感じで、自然も豊か(熱いけど)。
いつかゆっくりと回ってみたいなあ。


④インド「薄紅色に染まる聖域 春のラダックツアー」
杏の花が咲き誇るこの時期だけならではのツアー。
インド北部、チベットに近い所。独特な文化がそこにはありそう。

⑤イタリア「花のドロミテ 山塊を歩く」
ドロミテは、北イタリアのアルプス。
山小屋風ホテルに泊まり、ハイジに出てくるような風景を見ながらハイキング…
想像するだけで素敵。きつくないハイキングならやってみたい!

[PR]