<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

H.I.S.のバスツアーに初参加。
一般的なバスツアーは中高年が多いのに対し、こちらは年齢層若めで、ギャルもいました(笑)。
決め手になったのは、さくらんぼ狩りとフルーツドレッシング作りができること。
梅雨の時期にもかかわらず、お天気に恵まれたのはラッキー!!

新宿駅西口8:40集合出発

①忍野八海(忍野村)
噂通り、中国人観光客9割。
富士山の麓のせいか、空気がひんやり。
忍野八海への通りにあるお店で買った味噌だれ団子(¥100)がめちゃめちゃ美味しかった!
添乗員さんによると、駐車場横のお蕎麦(お土産用に購入できる)も美味しいとのこと。

②レストラン・アラジン(富士吉田市)
野菜が自慢のレストランでランチ。

●富士山20㎞圏内新鮮野菜の盛り合わせ<富士吉田の丸甲みそ、伊豆大島の塩、特製ドレッシング>

●自家製フォカッチャ

●富士ヶ嶺ポーク豚タンの赤ワイン煮込み

●もみじ卵のプリン

豚タン煮込みはやわらかくて美味しかった
プリンも絶品でした~♡♡♡ 

②マルサマルシェで桃のドレッシング作り(笛吹市)
カフェ併設のクッキングスタジオ。
ドレッシング作りのほか、フルーツピザやパフェ作りなどもできるそう。
今回は旬の桃を使って、簡単にドレッシングが作れました。
ここでお土産に桃2つ購入。

③さくらんぼ狩り食べ放題
残念ながら手の届く範囲で食べられる実があまり無かったので、収穫済みのさくらんぼをいただく。
6月で終わりという事なので、こんな感じなのか・・・?
けれど、やっぱり産地で食べるさくらんぼは美味しくて、さくらんぼ狩り初体験よかったです♪♪
[PR]
d0139827_1562017.jpg

娘がじゃがいも掘りで収穫してきたジャガイモを消費するべく、日夜ジャガイモレシピを研究。
じゃがバター、ポテトサラダ、ポテトサラダを使ったオムレツ、そして・・・
今日はハッシュドポテトを作ってみることに♪

これが超簡単。(クックパッドを参照)
細かく刻んだジャガイモを電子レンジで4~5分チン。
塩コショウを入れて混ぜ、小さい俵型に成形する。
あとは揚げるだけ。
中にチーズを入れても美味しい!
[PR]
d0139827_15102214.jpg

アボカド、クリームチーズ、
とろけるチーズをぱらぱらのっけてトーストする。
トーストにトマトをトッピング。
アボカド買ったら、ぜったい作りたいレシピ♪
[PR]
d0139827_14491611.jpg

狭山丘陵トトロの森を散策してきました。
狭山湖第一駐車場からのどかな景色を眺めながら、のんびり歩いて30分弱、クロスケの家に到着。

d0139827_14512691.jpg

こんなところにもトトロ発見!!敷地の外から見える。
気付かない人も多そう。

そこから来た道とは反対方向・早稲田大学方面へ。森の中の散策路を歩くこと1時間弱。
ぐるっと一周3時間のコースでした。

距離も時間も見当つかない道中だったので、ところどころでエネルギー補給を要す。
東所沢のベーカリー「ベルテコ」で買っておいたパンが重宝しました。
ピーナッツフランス、チョコスコーン、くるみあんぱん、カレーパン…どれも美味しかったです(^^)
[PR]
d0139827_10421766.jpg

久しぶりの洋画。
当時の終戦記念日は、盛大なお祭り騒ぎだった?!
物資・食糧不足、人々の困窮…といった様子は映画からは感じられず。
プリンセスのお忍び、と聞くだけでロマンチック

【ストーリー】
エリザベス女王が19歳の王女時代に、非公式に一夜の外出を許された実話を基にした映画。
1945年5月、6年間続いた戦争が終わるヨーロッパ戦勝記念日。国を挙げてのお祝いの夜に、お忍びでバッキンガム宮殿をあとにするエリザベス王女と妹のマーガレット。付き添いが目を離したすきに、マーガレットはバスに飛び乗り、エリザベスも妹を追って街に飛び出していく…。
[PR]
水上マーケットの朝、アヒル粥の夜 あっちこっちベトナム旅ごはん

著者は京都で料理教室を開き、タイ・ベトナム料理を教えている高谷亜由さん。
20歳のとき初めての海外一人旅でベトナムを訪れて以来、頻繁にベトナムへ渡航し、ついにはベトナム料理を生業とするまでに。

高谷さんと私は同じ歳。私も20歳を過ぎた頃ベトナムを訪れている。
貴重な異文化体験を得られたけれど、特別魅かれるものは無かった。
あれから15年もの歳月が経ち、ベトナムはどんどん発展をして変化し続けているんだろうなぁ。

さて、この本は高谷さんのイラスト入り旅ごはん日記をもとが基になっている。
ベトナム料理の奥深さについて知ることができた。
また、訪れたら参考にしたいおすすめのお店も紹介されており、読み応えのある1冊。

以下、本書より。
旅に出ると、私は小さなノートに日記をつけます。その日の天気、行った場所や出会った人、食べた料理のスケッチや買ったものの値段、それから日々感じたささやかなことをありのままに。書いているうちに、「そうか、このとき私はこういうことを感じていたんだな」とその場では気づかなかった感情が新たに追加され、何年もあとにまた開いてみても、色や光や音、味や手触りや自分の気持ちまでも、不思議なことにそのときと同じように蘇らせることができるのです。私はこれを旅の記録ではなく、旅の記憶と呼んでいる。

あとがきより。
ベトナムにいて、好きやなぁと思うところ。
人や街や食材が元気でいきいきとしている。
喜怒哀楽と五感が、激しくなったり敏感になったりで忙しい。
歩くのも考えるのも食べるのも、ゆっくりやるほうがだいたいうまくいく。
(略)
ベトナムと私の関係は恋愛に似ています。
会うたびに好きになって、もっと知りたくなってしまう。いつまでも好きでいたいから、良いところも悪いところも長い目で見て、ずっと付かず離れずの距離を保っていたい。それで気がついたら、もう15年も想い続けているのでした。

[PR]
d0139827_1441542.jpg

朝霞のコメダ珈琲でランチの後、少し先にあるパティスリー「オランジュ」に寄ってみる。

ラングドシャ、ココナッツクッキー、バウムクーヘン、フィナンシェ、ガトー・ウィークエンド(オレンジ風味のパウンドケーキ)ほか数点購入。
どれも美味しくて、すぐにでも再訪したいと久しぶりに思えたお店でした。
今度はイートインでケーキも食べてみたいなぁ。

特に気に入ったもの・・・シナモン風味がほのかにするバウムクーヘン♪
[PR]
d0139827_104936.jpg

シルバニアファミリーのイベントがあり、志木駅が最寄りの会場へ娘と出かけてきました。
その帰り、コメダ珈琲でランチ。
乗換のJR北朝霞駅×東上線朝霞台駅からほど近く。

私の生活圏内にはコメダ珈琲が無いので、何年か振り。

さて、本日注文したもの。

●アイスコーヒー大きめ →私

●フルーツ牛乳 →娘

●ミックスサンド(トースト、4つにカット希望、からしマスタード別添え)

●季節限定ベリーノワール 

朝霞台店では小学生以下のお子様にソフトクリームがサービス!
家族連れには嬉しいですね♪♪
(条件:1000円以上注文で)

食べたらすぐ帰らなきゃと焦ることなく、子どもと一緒でもの~んびりできるのが魅力
[PR]
d0139827_10354763.jpg

思い立って、気になっていたカフェ「うぐいすと穀雨」へ。
営業日が木・金・土・日と限られているため、仕事が休みだった木曜はチャンス!だったのです。

ビルの2階の小さなお店。
雑司ヶ谷という場所は初めてだったけれど、池袋駅(西武側)からでも歩けて15分ほど。

窓際寄りのカウンター席に座る。
予習していた通りに注文。
トーストセット(¥700)で、セットのドリンクをスープ(+¥100)に替えてもらう。

トーストはこんがりいい焼き色♪
食パンは厚さ2㎝、10㎝×10cmくらいの大きさでしょうか。
小さめに見えるけれど、意外と食べごたえがあった。
本日のスープは人参と生姜のスープ。温かくてほっこり。幸せな気分になれるなぁ♪

帰り際にパン売場を見まわして、シナモンロールを買っていくことに。
キッシュは今焼いているとの事だったので断念。

翌日食べたシナモンロールは、どっしりと重たくて、やはり食べごたえがありました!
[PR]