<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0139827_92183.jpg

先日パン教室でピザを教わったので、家でもアレンジして作ってみました。
生地は厚めでボリュームありのパンピザです。

■サツマイモとリンゴのピザ
ちょうど消費しなければいけないクリームチーズと、サツマイモやリンゴもあったので…。
クリームチーズと蜂蜜を練ったものをベースに、サツマイモ、リンゴ、レーズンをトッピング。

■チーズとウインナーのトマト風味ピザ
使いみちが無く困っていたドライトマトペーストにケチャップを混ぜたものをソースとして、とろけるチーズ、ウインナーをトッピング。

とっても簡単に作れて、宅配ピザよりも美味しかったので、また色々なピザに挑戦してみたいです♪
スイーツピザはイチオシ(^^)b
[PR]
d0139827_1273558.jpg

パンケーキブームの真っ只中で、色々なパンケーキを食べてきたつもりではありますが…
まだ食べていないタイプのパンケーキがありました。

それは…
ダッチベイビー!!!

ドイツ風パンケーキと言われ、フライパンで焼き上げられたまま提供される。
画像で見たことしかなかったけれど、それがとっても美味しそうで…。

川崎や吉祥寺などにはダッチベイビーが食べられるお店があり、出かけてみるか…と思っていた矢先、なんと、川崎にある「Rosies Cafe」が大宮ルミネにOPENしていたのです!!

ついに大宮で、あのパンケーキが食べられる!!奇跡かと思いました(笑)。

10種類近くから選んだのは、一番シンプルな…
ロージーズパンケーキ(クリームチーズ/レモン/メープル) 730円+ドリンク200円
熱々パンケーキの上に、まずはクリームチーズをつけて、絞ったレモン、メープルをかけていただきます。

厚焼きのクレープ?!ほわほわの卵焼き?
美味しかったけれど、材料自体シンプルなので…今度は自宅で作ってみたいです♪
[PR]
上野樹里&松本潤が初共演で話題になっていた映画『陽だまりの彼女』を観てきました。
タイトル通りあったかいラブストーリーであり、ファンタジーな要素もあり。
上野樹里はハマリ役。松本潤も好演。

<ストーリー>
新人営業マンの浩介は、仕事先で幼なじみの真緒と10年ぶりに再会する。中学時代は「学年有数のバカ」と呼ばれ、いじめられっ子だった真緒は、見違えるほど美しい大人の女性になっていた。浩介は恋に落ち、やがて結婚を決意するが、真緒には誰にも知られてはいけない不思議な秘密があった。(映画.comより)
[PR]
有楽町で開催されていた「全日本パンフェスティバル」へ行ってきました。
目玉の「全国ご当地パン祭り」は、全国から集まったご当地パンのブースが並んでいて、ほとんどのパンを試食できるという…楽しいイベントでした!!

さまざまなパンを試食してしまいましたが、その後ランチへ…。
TOKIAにある「つるとんたん」。創作うどんで有名なお店。11時過ぎに入店し、私たちが食事を終えて出たときは、長~い行列ができていました!

注文したのは、

鴨のおうどん
具は鴨肉とつくねの2種類が味わえる、シンプルなおうどん。

炙り鶏と彩り野菜 カレークリームのおうどん
ほのかに辛さがくるけれど、どんどん食べられる。鶏肉がぷりっとして美味しかった。

大きな器に入って出てくるのが特徴。一人鍋を食べているみたいに見える(笑)。
いろいろなおうどんを試してみたいお店です♪
[PR]
d0139827_11235120.jpg

家族でサンリオピューロランドへ。
私自身も初来園だったので、楽しみにしていたのは子供より私かも♪

混み具合も広さも程々で、夕方まで疲れずに遊べました~(笑)。

「マイメロードドライブ」では記念写真を購入。6ヶ所も撮影スポットがあり、ここは写真館か?!と思ってしまったけれど、マイメロちゃんがカワイイので許しちゃう(^^)

キキララのアトラクションも印象的で、エンターテイメントホールで行われるショー「キキ&ララの星空の旅」は、個人的には結構好きだったかな♪「トゥインクリングツアー」は、最先端をいく仕掛けに驚かされます。

メルヘンシアターでのミュージカル「不思議の国のハローキティ」は本格的で、大人も真剣に観られるものだったし…今月末で終わってしまうというパレード「ビリーヴ」も見ごたえありました。さまざまなキャラクターが登場し、加えてシルク・ド・ソレイユを思わせる集団のパフォーマンスは本当に見事!!

1日大満喫♪♪
あえて言うなら…ディズニーのようなオリジナルグッズが少なかったような。(お土産用のお菓子類はあったけれど。)季節限定・ピューロランド限定のかわいいグッズがGETできたら嬉しいな~!
[PR]
d0139827_9223735.jpg

小川糸さんのエッセイ、待ってました~!2013年8月、幻冬舎文庫より出版。

と、ところが。
2010年に刊行された『ようこそ、ちきゅう食堂へ』を収録・改題した本だったのですが、
内容もおぼろげだったし、加筆された部分もあるので、さらりと読んでみました。

読み終わると満腹感。美味しそうな文章が連なっているし、この人のエッセイはいつも、幸せであたたかい気持ちにさせてくれる。

印象に残った文章を引用してみます。

石垣島のペンギン食堂を訪れた際には…
口の中に流し込んだ瞬間、今朝、羽田空港に向かう時に乗った満員電車のストレスとか、次の作品に対するプレッシャーとか、そういうものが一気に吹き飛ぶ。
(略)食事中、私は「幸せ」という言葉を何度呟いたかわからない。


美食の街・カナダのバンクーバーでは、プノンペン風唐揚げに夢中…
日本へのお土産にこの唐揚げを持って帰ったら、どんなに喜ばれるだろう。

また、あるページでは…
食事とは、心と胃袋、両方が満たされて、初めて美味しさを実感できるものなのだ。
(略)日々の豊かな食卓は、平和の上に成り立っている。


素敵なタイトルなので、手に取ってみたくなりますね♪
[PR]