カテゴリ:映画( 22 )

d0139827_1318762.jpg

渋谷ユーロスペースにて、ボリビアが舞台の映画『パチャママの贈りもの』を鑑賞。 
まるで天国!?白と青のコントラストが美しい、どこまでも続くウユニ塩湖の絶景が見もの!!カラフルな民族衣装を着た人々や賑やかなお祭りも登場し、旅しているような気分が味わえます♪

ストーリー】 
アンデス高地のウユニ塩湖を拠点に、採掘した塩で生計をたてる家族の暮らしを描く。

主人公の少年・コンドリは貧しいながら心豊かな日々を送っている。季節の移ろいとともに、彼にも変化が訪れる。祖母の死、友人の引越し。そして今年、コンドリは父・サウシと初めて、塩キャラバンに行くことに。旅先で起こる数々の経験が、コンドリを成長させていく…。雄大な自然と先住民の家族の素朴でやさしい生活の物語。
NY在住の松下俊文監督が6年を費やし撮影。“パチャママ“とはインカ帝国の末裔に伝わる言葉で“母なる大地“の意味。
[PR]
d0139827_10334820.jpg

『かもめ食堂』『めがね』のスタッフ、小林聡美、もたいまさこ出演による第3弾
そして今回の物語の舞台はタイのチェンマイ

「これは観なければ!」と、連休中の月曜レディースディを利用して行ってきました。

すがすがしい空気、鳥や動物の鳴き声が響く静かな場所…そんな雰囲気をリアルに感じることができました。
このシリーズ3作品に共通するテーマは、“癒し”

この映画を見た人の中には、ストーリーが無いとか、退屈だとか言う人がいるかもしれないけれど、私は好きでした。口コミ評価がいまいちだったので、正直どうかな?と思ったのだけれど、見てよかった。

プールの青がとてもキレイだったし、海とは違う穏やかな水面も印象的でした。

日本の季節はもう秋ですが、「こんなところに行きたいな~」と思わせてくれる映画。
[PR]