「おうちカフェ」に行ってきました♪

温かい食卓をテーマに
カラダにココロにやさしいホッコリごはん

d0139827_19382951.jpg
口福のはじまり
ありがとうの一皿


旬の恵みとおうちの常備薬
春のおろし和え、よろずじゃこ、自家製干し大根・筍の煮物

おうちの旬おかず
手羽先と新じゃがの自家製マーマレード煮込み

愛情結び
おにぎり、お味噌汁、お漬物

あとちょっとだけ、の口福
桜あんに気持ちを込めて
d0139827_19461042.jpg

以上、弥生のおうちごはん
渋谷のColabo Cafeにて、1年間の期間限定でスタートした「おうちカフェ」。この3月いっぱいで終了とのことです。

家主(カフェ店主)、笠井奈津子さんは心療内科で食事カウンセリングをしている栄養士。「日々の食卓の大切さやあたたかさ」を伝えるツールのひとつとして、カフェをオープンしたという。

訪れる数日前に送られてきたメールからも、その想いが伝わってきました。

弥生のおうちカフェのメニューをお送りさせていただきます。

弥生は、千葉の農家さんの朝どり有機野菜、しなのやさんのおいしい大山鶏、
家主の叔父が渥美半島から送ってくれたワカメ、ひじき、甘夏、を使った御夕飯となりました。

“ココロとカラダにやさしい、おいしい”をひとつのコンセプトとしてきたおうちカフェは、今月でひとつの大きな節目を迎えます。
最後は何を作ろうかとずっと考えていましたが、この一年をふりかえってでてきたのは感謝の気持ちばかりで、それを伝えられるようなごはんが作りたいと思いました。

[PR]
by traveler79 | 2008-03-29 22:11 | ディナー | Comments(0)