アート・アクアリウム2017

d0139827_08410288.jpg
7月21日から夏休みが始まりました。
小学生の娘と大半を過ごすので、この夏休みにしかできない色々な体験をしてみたいと思っています♪

さっそく、今日のお出かけは・・・
日本橋アート・アクアリウムへ。
今年は「龍宮城」がコンセプトとのこと。3年ぶりに楽しみに訪れました。

●石川県の伝統工芸「九谷焼」の陶器に泳ぐ金魚
●3,000匹もの金魚が泳ぐ巨大金魚鉢「超・花魁」
●手鞠をモチーフにし三重県の伝統工芸“伊賀組紐”をあしらった「テマリウム」
●伝統工芸「江戸切子」を用いた「キリコリウム」
●ひな壇に川のような横長の水槽を複数並べた「パラダイス・ウォール」
●行燈をモチーフに側面をレースで覆った「アンドリウム」
●雪洞をイメージした「ボンボリウム」
●玉手箱がモチーフの新作「タマテリウム」
●龍宮城の世界を表現した映像と水槽に泳ぐ鯉がコラボしたプロジェクションマッピング「龍宮四季絵巻」など

d0139827_08405759.jpg
豪華絢爛で、本当に竜宮城に来てしまったような…優雅な世界でした♡
中央に置かれたひな壇状の水槽は今まで見たことのない存在感あるものだったし、
巨大金魚鉢の大きさと金魚の数には圧倒されました。
デザインが素敵だったのは「アンドリウム」と「ボンボリウム」。
「ボンボリウム」は1つの水槽に1匹の金魚。ライトの色が変化していく様をずっと見続けていました。
「アンドリウム」はレースの繊細な感じが素敵でしたが、うまく撮影するのが難しかったです。

[PR]
by traveler79 | 2017-07-24 15:05 | ホットな話題 | Comments(0)