『子どもと一緒にスローに暮らすおかあさんの本』

<お母さんの心得> 以下、要約

■疲れて、今日はおうどんだけ、なんて日があってもたまにはよしとする。

■忙しくしすぎない。笑い合えるだけの余裕ある自分でいられることを常に意識する。
(余裕は、時間、体力、気持ちの3つとも)

■わたしが心躍る、ワクワクの種をいつももつよう心がける。
(自分だけの喜びを軽んじない)

■ひとりの時間を大切にする。

仕事を持っていてもいなくても、今、あなたの一番大切な仕事は、「お母さんである」ということです。
子どもたち、家族がいつでも安心して帰れる場所があなたであるように。
[PR]
by traveler79 | 2013-04-08 09:47 | 読書 | Comments(0)