『僕たちは世界を変えることができない』

10月1日、映画の日。

前日、ネットニュースでたまたま記事を見つけて…衝動的に見てみようと思った映画。

ストーリー
医大に通う大学2年生のコータ(向井理)は、友人の芝山(柄本佑)や矢野(窪田正孝)とそれなりに楽しい日常を過ごしていたが、何か物足りなく感じていた。ある日、ふと目にしたボランティア募金のパンフレットをきっかけに、カンボジアに学校を建てるための活動を開始することに。早速知り合い全員にメールを送るも大半の友達がイタズラや無理だと相手にしない。そんな中、芝山や矢野に加え、合コンで知り合った本田(松坂桃李)が仲間に加わってくれた。資金集めのためにチャリティーイベントを何とか成功させた4人だが、カンボジアの現状を見なければ意味がないと現地へスタディー・ツアーを敢行する。そこで彼らは貧困や地雷、HIVなどの現実を目の当たりにし…。

明るい青春映画というイメージがあったのだけれど、シリアスな重い場面も…。何度も涙。こういう現実を見ると、いつも感じる。日本人って幸せ、恵まれてる、贅沢…。
アンコールワットの映像は美しかった!惚れ惚れ。
実話を基にした作品。おすすめです。
[PR]
by traveler79 | 2011-10-01 23:57 | 映画 | Comments(0)